劇的改善~あなたの健康と美を助ける建美サプリ~

薬

歴史や栄養価

ボイセンベリーの栽培の歴史

女性

ボイセンベリーは、1920年代の終わり頃に、離農により荒れた農地で偶然発見された、新種のキイチゴです。ためしに栽培してみたところ無事に収穫でき、しかも粒が大きく栄養価が高いところから、ボイセンベリーは一気に注目されるようになりました。 発見されたのはカリフォルニアの農地ですが、もともと生命力が高く成長しやすいベリーなので、その後他の地域でもさかんに栽培されるようになりました。1930年代にはニュージーランドでの栽培も始まり、その規模はどんどん拡大し、出荷数も増えていきました。 2000年代になると、日本でも栽培に成功し、国産のボイセンベリーとして販売されるようになりました。日本では主に、健康食品や冷凍食品に加工されたボイセンベリーが販売されています。

葉酸とエラグ酸が豊富

ボイセンベリーには、ビタミン類など多くの栄養素が含まれているのですが、その中でも特に注目されているのが、葉酸とエラグ酸です。 葉酸を摂取することで、赤血球の生成や、胎児の神経管における正常な発達が促されます。貧血や胎児の神経管の障害などが防がれますし、さらに母乳が出やすくなるので、特に妊娠中の女性に摂取が推奨されている成分です。 エラグ酸は、抗酸化作用のあるポリフェノールの一種なので、摂取することで活性酸素による影響を防ぐことができます。具体的には、シミができにくくなったり、細胞の老化が防がれたりするのです。 健康面での良い効果に加え、美白効果とアンチエイジング効果を得ることができるため、ボイセンベリーの需要は高まっています。

Copyright (c) 2015 劇的改善~あなたの健康と美を助ける建美サプリ~ All rights reserved.